本日20日宇都宮市下川俣町のK様邸のリフォーム現場に来ています。

 

 

床暖房のパネルの施工を行っています。今回採用の製品は、ダイケン工業製のはるびよりです。銀色の部分が暖房パネルになり、この上に直にフローリングを貼って行きます。

こちらの製品は、温水循環式床暖房で仕上げ材別体形式になりますので、お好みの床材で仕上げられます。また暖房パネル比率も75%設定なので主暖房して十分脳力を発揮されます。

 

 

大工職人が、末端のPE菅を床下に落とす作業を行なっています。

 

わたくしも自宅で温水式の床暖房を使用しています。使用時は足元から温まるので身体の芯まで温まるような感じがし快適です。

ランニングコスト重視の方なら断然、温水式床暖房をお勧めいたします。(担当:上野)