宇都宮市下岡本町のS様の住宅にてお風呂のリフォームを行わせて頂きました。S様は膝の具合が思わしく無く、昨年補高便座付きの洋便器にする御手洗いのリフォーム工事を行わせて頂きましたお客様です。

今回はより安全で快適に入浴出来ますように、浴室のリフォーム工事を賜りました。

 

 

 

改装前の状態です。一般的に在来浴室と言われている木造住宅でタイルやモルタル・セメントで仕上げられた50年くらい前よりの形式で作られた浴室です。

 

 

 

 

 

天井・壁・床と仕上げ材を撤去し、設置床土間コンクリートを打設致しました。

安定した強度を取る為に1日養生致します

 

 

 

 

床架台を設置致しました。据付にはレーザー水平器を使用し精度良く設置致します。

 

 

 

浴槽を据え付ける前の写真です。

外周を覆っているのは断熱材になり、お湯の保温温度能力を4時間でマイナス2.5度以内に保ちます。

 

 

 

壁パネルを並べています。

表面は鋼製で内部は石膏ボードで出来ています。表面の柄はラミネートフィルムになります。

 

 

 

工事完成です。

今回採用致しましたシステムバスはTOTO製品になります。床の柔らかさや、きめ細かい仕上がりなどで、弊社では大凡7割の方が選ばれております商品です。

 

 


 

脱衣室の壁紙は紫の大バラ模様の物に致しました。

 

良い商品を末永くお使いになって下さるようにお願い致します。

ご依頼ありがどう御座いました。

上野