宇都宮市御幸のK様邸にて、浴室のリフォームをさせて頂きました。
30年来大事にお使いになられた浴室をリフォームしようと思われたきっかけは、寒い。ということが第1の理由でした。ご主人様のこだわりが詰まった浴室で、うちに居ながら温泉気分を味わいたいと、浴室内仕上げを石張り、とし露天風呂気分を楽しんでいらっしゃいました。さすがに経年とともに次第に寒さの方が身にしみてこたえてくる状況になられてきたということでした。

 

新しい浴室を選ぶにあたり、数社のショールームを見て頂きました。その中で、TO TOのシンラ新製品、肩湯が楽しめて、浴室内のカビの発生を抑制する、除菌水が噴射される機能が付いた、最新かつ機能がプラスされた浴室に決めて頂きました。
昨年内、寒さ厳しくなる前に、そして暮れから新年に向けて、温かいお風呂に入って頂きたい思いと、御高齢ということもあって、少し健康面でのご不安もあり、少しでも早く、という思いで、1週間で完工させて頂きました。

窓には内窓を入れて、浴室全体が断念機能が施されても、窓から冷気が入ってきてしまいます。住まいる工務店は浴室のリフォームの際には、窓はそのまま活かしますので、従来の窓ですと、せっかくの機能が不十分となってしまいます。そこで内窓を最後に取り付けることをお勧めするのです。
床の柔らかさ、ホッカラリ床の感触も忘れられない、と決めての1つになったことは、 TO TOのお風呂を語る上では、今や外せないポイントになっています。
他社の浴室にも肩湯機能が付いています。肩湯は首元を温めてくれるので、首の後ろのツボも温まるので、風邪ひきの予防にもなり、シンから体が温まり、健康維持の一役を担ってくれます。浴室が寒い、これはリフォームのきっかけの1番の理由です。お家の中の水回りで、どこから手をつけるか、状況は色々あるかとは思います。
どの部位も健康には深く関わる部位ですが、お風呂はヒートテックの1番の原因が潜む場所です。お風呂のリフォームは、ご家族の健康はもちろん、笑顔と幸福感、先には健康寿命へのお手伝いを担ってくれる、と言えるのではないでしょうか、先ずはお気軽にご相談ください。


株式会社住まいる工務店
栃木県宇都宮市今泉町3020-91
電話:028-683-7077
担当:手塚