今回は『玄関ドア編』に続き、宇都宮市ゆいの杜のN様邸リノベーション工事の、和室から洋室に改装した事例をご紹介致します。

既存の和室です。断熱材が設置されて非、四方コンクリートパネルで囲まれています。冬は特に冷え込みと結露に悩まれているそうです。

数日前の投稿でも申し上げましたが、お客様が改善したい部分は、兎に角寒い、湿気が不快など挙げさせて頂きましたが、どのように改善したか、ご紹介させて頂きます。

畳を外して根太(桟木みたいなもの)をコンクリートの床に設置して、スタイロエース(断熱材)を設置しました。

スタイロエースは、一般的の住宅の断熱材に使われている、繊維系の断熱材グラスウール10kの熱伝導率に比べ1.67倍優れ、また耐湿気も比べ物にならないぐらいの性能です。今回のように断熱層が狭い場合や、通気が悪い所には最適です。

壁につきましても同様に断熱していきます。因みにスタイロエースは、押出法ボリエスチレンフォームでJIS規格のEランク(7ランク中、上から2番めのクラスで、一般グラスウールは下から2番目のクラス)高性能グラスウール48Kと同等の性能です。

フロアはウッドワン社製のコンビットグラードランダムです。シート張りの製品支流の中でありながら、ホンモノ志向の突き板製品になります。♯本物の質感♯抗菌仕様♯フリーWAX。

家具をセット致しました。 もはや和室であったと言うことは想像が付きません。サッシはLIXIL社製の断熱材サッシ,ロールスクリーンはタチカワブラインド社製の遮光カーテンなので、外気熱の抵抗ヲ受け付けません。

大切な住まいです!アドバイザーの提案は必ずしも正しいとは限りません!鵜呑みにしてはいけません。常に『なぜ・どうして』を大切にして下さい。

住まいる工務店は、お住まいに関する悩み事,ご相談のある方を、全力でサポートさせて頂いております。リフォームなど関心がある方は、まずは私までお気軽にご連絡下さい

株式会社住まいる工務店

宇都宮市今泉町3020-91

028-683-7077

上野和洋