宇都宮市陽東のT様邸にてトイレのリフォーム工事を行わせて頂きました。ご依頼のきっかけは、数年前に娘様宅で弊社で施工させて頂いたときに、職人さんも含め印象が良かったと言うことでお父様にご紹介頂きました。

T様は足の具合が悪く現在の洋式便器では立ち座りに不便を感じていらっしゃるので、もっと楽に動作ができるようにならないだろうか。せっかくリフォームするのであればお掃除ももっと楽にしたいというようなご相談できた。

 

お悩みのポイントは大きく考えて3つございました。
1つ目は、便座の座面の高さが低いので今より5センチ高くなると非常に楽になる。
2つ目は、トイレの奥行きが狭いので少しでも広くなると身づくろいが楽にできる。
3つ目は、なるべくお掃除が楽になるように便器にしたい。

1つ目の高さの調整にはTOTO製の補高便座という商品があります。便器と便座の間に挟んで便座を5センチ高くするという商品です。背中にタンクがあるタイプのトイレにしか付けることができず、今回はタンクレストイレを採用したいのでこの商品は不採用になりました。

便器の前の空間の確保とサイズや清掃性を考えるとタンクレスタイプしか選択肢にはないと言う事で、結局高さの解消は便器そのものを高くするということで、便器の底にベニアを敷き嵩あげをするというのはどうだろうかという発想にいたりました(勿論初めてのことで、今まで作ったことはありません)。

大工さんに便器の底の形状通り型取りしてもらい合板をカットしてもらいました。

合板1枚の厚みが24mmなので2枚重ねて48mmの厚さにします。

合板部分の小口の仕上げには、ソフト巾木を加工し施工致しました。初めての試みでしたが、皆さんのアイデアと技術でお客様のご要望通りのきれいで清掃性の良い少し高さのあるトイレに仕上がりました。

工事にご協力いただいた職人の皆様、お世話になりありがとうございました。


栃木県宇都宮市今泉町3020-91
株式会社住まいる工務店
電話:028-683-7077
担当:上野和洋