このところ雨漏りのご相談が多く感じます。昨年の強風と豪雨のせいでもないと思うのですが・・・。

高根沢町のお客様宅にて雨漏れ点検に伺ってきました。雨の量や風向きによって雨漏りがしたりしなかったりで、必ず大雨の時には漏れてくるということではないとのことでした。
まずは点検の一の手、目視にて外壁の点検を行いました。過去に一度外壁の補修工事をしてもらったことがあったそうですが、その時に処理をすることが一部漏れてしまっていたところのようで、ひび割れがそのままの状態で放置されているところがありました。もしかしてここかも?と思い水かけ点検を行ったところ「ビンゴ!」でした。ここから漏れだしてきました。

外壁に大きなクラックがあり、そこから水が浸入していました

緊急措置として、とりあえずコーキングをして対応させていただきました。築年数や外壁の状況を考え塗装されることをご提案させていただきました。

地球温暖化と異常気象のせいなのか、近年の雨風はとても強く、風も雨量も想定外という言葉がしばしば使われるほど強烈ですね。今までは雨漏りなどなかったの、今回の雨で初めて・・とか、急に雨漏れが・・・というご依頼が多く感じます。木造や鉄骨造など関係なく雨漏りは建物に悪影響を及ぼしますので、気が付いたら早めの対策が大切ですね。

ちょっと余談になりますが、今回のお客様のようにすぐ現認が見つかってくれるとありがたいのですが、なかなか見つけることが出来ず、数か月や1年がかりのこともありました。私共リフォーム会社の場合は基本的に非破壊(建物を壊したりしない)で見つけようとするので手間と時間がかかってしまいます。どうしても見つからない場合はお客様とご相談して内壁や天井などを一部開口(解体)させていただく場合もあります。

東京には雨漏り調査を専門に検査して特定してくれる会社もありますが、費用もそれなりに必要となりますが、専門家ならではの技術や方法、ハイテクな液体を数種類場所を変えてかけたり、必ず発見してくれるそうです。


株式会社住まいる工務店
〒321-0962
栃木県宇都宮市今泉町3020-91
☎028-683-7077
担当:知久