3月下旬、宇都宮市鐺山町のS様より門周りのリフォーム工事のご依頼を頂きました。

(工事は5月2日に施工させて戴きました。)

今回のご依頼は、お住まいの出入り口である門扉と道路のとの取り合いに、段差が有るので危険が有り不安が有ると言う事で、怪我をする前に改良したいとのご相談でした。

 

 

工事前の状況になります。道路との段差が70mm程度あります。ご年配者の方もご利用されるとの事で、安心してご利用出来ます様に、開口両サイドに手摺を設置される事をご提案させて戴きました。

 

 

 

今回の施工ベースはインターロッキング『コンクリートブロックの一種で主に舗装ように使用する60mm×90mmの製品』です。写真は手摺の支柱を埋設する為に開口する穴を開ける為の道具です。
今回使用する機械は、湿式式のコア抜き機材で、ダイアモンドポールベースの固定式になります。
この機械はレバーを回すだけで簡単に作業が出来ます。
コアビッドはM 27でコアサイズは65ミリの物を使用しました。

 

 

 

コア抜きが完了致しました。作業時間は4カ所掘削で1時間位でした。

 

 

 

 

 

 

手摺取り付けリフォーム工事が完了致しました。今回採用しました商品は三協アルミ製の商品になります。施工はパートナーシップ店のJBさんにご依頼させていただきました。
JBさんは、弊社創業当時(20年来)よりお世話になっております業者さんです。

 

 

 

 

手摺などの取り付け工事のご依頼は、怪我をなさってからか事後のご依頼が多い様に感じます。

どうせならば、未然に危険を回避して事故を減らせれば良いかと思います。

転ぶと結構痛いです。ご注意ください!

住まいる工務店はお住まいに関するお悩み方やご相談の有る方を、全力でサポートさせて頂いております。

リフォーム・リノベーションなどご相談方の有る方は先ずは私までお気軽にご相談下さい。

住所:宇都宮市今泉町3020-91

株式会社 住まいる工務店

電話:028-683-7077

担当:上野 和洋