宇都宮市のS様邸にて、LDKのリフォームを行っています。本日の作業はフローリング工事を行いましたので工事状況をご紹介させた頂きます。

押し切リ(スライド式丸鋸)にてフロアー材をカットしています。水平垂直方向の角度をミリ単位で調整出来るので大変便利です。今のタイプはライトが付いていてご年配の方にも凄く優しいです。

壁際の最後の一枚の貼り仕舞です。なるべく隙間がない様にと、鉋にてすり合わせて行きます。

フローリングを接着する変成シリコン樹脂系ボンドです。 最近はこれが1番良いと実感しています。

今回採用されたフローリングです。ウッドワン社製のコンビットグラードランダムプラスでブラックチェリー柄になります。表面の単板は厚張り突き板で、一般的な物の2倍の厚みになります。マットな光沢でまるで無垢材の様な趣になり、このシリーズは最近多く方々にご採用して頂いております。

床用の接着剤には沢山の種類がありますが、少しご紹介します。

(木工ボンド)                通称白ボンド 昔から有る接着剤です。酢酸メチル系で工作とか住宅の木材の接着に使われています。水性で扱いは容易ですが水や振動に非常に弱いのでフローリングの接着剤には適しません。

(アクリル系樹脂ボンド)           ネタボンドとか言われている水性の接着剤です。水性なので伸びが良く扱い安いのですが、熱や振動に弱いので、多くの物はフローリングの接着には適さないです。主に根太(床組)と床下地ベニアの接合に使用します、用途によりますが、フローリング用には△です。

(ウレタン樹脂系ボンド)           現在も一般的に多く使われている商品です。私の記憶では25年位前に普及した商品で、弾性が有り熱に強いので、床暖房用には勿論一般的な床材に使用されています。ただ欠点と致しまして、フローリングの表面に付いて硬化した場合、ほぼ取り除く事は不可能です○。

(シリコン樹脂系ボンド)           最新の接着剤です。湿気、熱、衝撃に強いのは勿論、フローリングの表面にはみ出た場合も容易に除去できます◎。

※他にもエポキシ系・ゴム系なども有ります。

こちらはフローリングを固定する金物(釘)です。マキタ製の幅4mm×38mmのフロアーステップルになります。事務用のホチキスの様な物で、フローリングの雄実に空気高圧式のタッカーで打ち付けます。機械から発射時にハカマ状に広がり抜けづらくなります。また表面のコーティングは接着剤で挿入時の摩擦で溶け固まります。

つくづく日本の産業技術には感心させられます。これもまた、今までの不具合や失敗を経験してきて、技術者やお客様の声を真摯に受け止めて、前向きに取り組んできた結果だと思います。

メーカー様、これからも良い商品の提供をお願いします!

住まいる工務店店は、お住まいに関するお悩み事やご相談事の有る方を全力でサポートさせて頂いてあります。リフォーム・リノベーションなどお住まいにご関心のある方は、まずは私までお気軽にご相談ください。


住所: 栃木県宇都宮市今泉町3020-91
株式会社 住まいる工務店
電話: 028-683-7077
担当: 上野 和洋