梅雨が明けて夏本番となり、厚さも厳しくなってまいりました。
今年は例年にもまして新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことと熱中症にも注意をすることが必要とされます。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として各個人一人ひとりが感染防止の3つの基本である
1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することを求められています。

そこで「熱中症対策+コロナ感染防止」を加味してリフォーム工事現場での対応も、春からの対応から少し変えさせていただきます。

1.咳エチケットやこまめな手洗いの周知徹底。

2.マスクの着用。
屋外や十分換気がなされている部屋の中でほかの人と2m以上離れての作業をする場合や、室内でも一人きりで作業する場合はマスクは外させていただきます。前述の場合以外はマスクの着用を徹底します。

3.手指消毒と拭き消毒は従来の通り継続いたします。
手指消毒用と拭き消毒用のセットをポップとともにそれぞれの現場に配置させていただき消毒を徹底いたします。

4.前述以外でもプライベートタイムでも3密の条件の場所には行かないこと。検温や十分な栄養摂取、長時間の労働を避ける、睡眠や休息をしっかり取り疲労を蓄積させない等、日ごろの健康管理にも意識するよう周知しています。