宇都宮市のT様邸にて行っておりました、リフォーム工事が完成致しました。T様は新たなお住まいとして実家の2階を改装して、素敵なパートナーとお住まいになる事を決断され、弊社にご相談を頂きました。

今回のリフォームでは、主に生活の中心となるリビングを新設する事がメインとなりました。

天井の下地工事が終わり、続いてフローリングも張り終わりました。しっかりと養生がされています。

今回採用致しましたフローリングはパナソニック製のシートタイプの品物になります。少し木質系のフローリングについてご説明させて頂きます。フローリングには主に、天然の木材を板状スライスして加工した無垢フローリングと、合板・集成材・単相積層材などの表面に厚さ0.3ミリ程度の天然木をスライスした物を貼り合わせた複合フローリングに分かれます。最近では森林保護の観点により、複合フローリングの表面の仕上げ材に天然木では無くて、特殊シートに印刷された物を貼り合わせたシートタイプの物が増えてきて支流となりつつあります。シートタイプは木目柄をプリントした模造品でありますが、最近は木の風合いなどリアルに再現されているので、天然木に比べても遜色ありません。ですがそれぞれメリット、デメリットがございますので、用途に合わせて選択されると宜しいかと思います。

内装工事のしょくにんさんが下地材の石膏ボード間の隙間や凹部などに、バテを充填して平滑に仕上げていきます。

今回壁紙のビーニールクロスで採用致しました物は、サンゲツ社製のリザーブ。属に言う1000番代クロスという高機能製とか付加価値の付いている物になります。住宅のビーニールクロスは普及品の量産型と言われる物と高機能製タイプの1000番代と言われる物の2グレードになります。1000番代?
って何、とお思いになられるかと思いますがカタログにA109とか記載のある定価が¥1000円前後の商品の事を言います。

フローリングは次郎色の物にしたいという事でしたので、アイボリーアッシュ柄を採用致しました。上部にはロフトもございます。

反対側はこんな感じです。以前は和室でしたが全然和室の面影が無く仕上がりました。向かって左面はアクセントクロス張りに出しました。

最近のリフォーム商材はフローリングや壁紙、ドア建材、外装材や水廻り商材など多種多様な物がございますので、お好みの物がきっと見つかると思います。またカタログや小さな見本などではイメージし難い場合は、少し大きめのサンプルなども取り寄せる事も出来す。また、お時間がございましたらショールムのご見学も無料で行えますので、ご希望の際はお気軽に弊社までお知らせ下さい。

住まいる工務店は、お住まいに関するお悩み事やご相談方の有る方を全力でサポートさせて頂いております。リフォーム、リノベーションなどお住まいにご関心のある方は先ずは私までお気軽にご相談下さい。

住所 :宇都宮市今泉町3020-91

株式会社 住まいる工務店

電話: 028-683-7077

担当: 上野 和洋