宇都宮市のY様邸にて、洗面台化粧台のリフォームを行いました。Y様からは今回初めてのお問い合わせご相談を頂きました。

Y様のお住まいは、築17年(多分そのくらい)の某有名住宅メーカーのでお住まいです。

既存の洗面台化粧台です。今回リフォーム至るきっかけは、洗面台の中が水浸しになっていてしまったと言う事でした。

こちらが水漏れの原因です。意外と知られていないのですが、シャワーホースはフロアーキャビネットに収納されるので、ホースに付いた水などはキャビネット内に流れてしまいます。よってキャビネット内の水漏れを防ぐ為に受け容器が設置されています。また定期的こちらを手動で排水しないと水が溢れてしまいます。

 

写真の状況は、洗面台を据え付けて、洗面台を上から見ている状況です。今回採用した洗面化粧台は、TOTO社製のサクアになります。こちらを採用しました理由としては、先程の『水受け容器レス』という事が最大の理由でした(多分今までついていた洗面台もTOTOの初期型の同じ商品です)。

水栓が壁に付いている)ハイバックカウンター』というタイプになります。従来の物はカウンターの上に付いているデッキ水栓タイプが多かったのですが、最近ではこちらのタイプが良く選ばれております。

ミラーユニットの取り付けを行っております。

給水・給湯管を止水栓に繋いでいます。

向かって左側の白い配管は、排水管になります。その左上部のジャバラ管は、シャワーユニットから流れ落ちる水を直接排水管に流し入れる配管になります。今回も色々と各社各メーカーの商品を調べましたが、シャワートレーが付いていない物はTOTOサクア以外あまり見当たらなかったです。

扉の建て付け調整をしています。意外とここまでやらない方も結構います。

水を満水にしてオーバーフロー管の試験をしています。

ライトの光を当てて、配管からの漏水確認をしています。

完了致しました。時間としては1時間位でした。正直外観の見た目的にはそれらほど痛んでなかったのですが、やはり新しい物が取付けられますと良いですね!これで問題が解消されて快適に使えそうですね。

新築時のお引き渡しの際は、住宅設備などの使い方などのご説明などを受けるかと思いますが、住宅設備機器や建物の各所のメンテナンスの仕方や、交換時間などのご説明が十分にされていないのかと思います。

大切なお住まい、長く快適に使うには定期的なメンテナンスや早めの改修が必要になります。

少し面倒かも知れませんが、もし取り扱いのご説明が無い場合は、ご自身から直接聞いてみる事も必要なのかと思います。

住まいる工務店は、お住まいに関するお悩み事や、ご相談ごとの有る方を全力でサポートさせて頂いております。リフォーム・リノベーションなどご関心のある方は、先ずは私までお気軽にご相談下さい。

株式会社 住まいる工務店

住所 : 宇都宮市今泉町3020-91

電話 : 028-683-7077

担当 : 上野 和洋