宇都宮市のM様邸にてマンションのリフォーム工事のご依頼をいただきました。

ご依頼いただきましたリフォーム工事のご要望は、和室の畳からフローリングにする工事とトイレの器具交換と内装のリフォームでした。今回は和室のフロアーリングを施工しました状況をご紹介させて頂きます。

リフォーム前の状況になります。リビングにコーナー畳スペースが有ります。この当時はこのように一角に畳敷きのスペースを設け、コーナー襖を作る事が流行りましたね!10数年使ってきましたので少し畳が傷んできましたしたので、この際フローリングに交換致します。

畳の厚みは約40mmでその下はコンクリートスラブでした。厚みを合わせるために、先ずは床下地ベニアを張り付けます。

写真は仕上げ材のフローリングを裏側から見た状況です。フローリングの1番下側には下の階に音が伝わる事を軽減出来る遮音マットが付いています。殆どのマンションの規定では防音性能の基準が定められています。
宇都宮の場合ですと殆どがL-45の基準が多いようです。L-45の性能とは、人が飛び跳ねた時の音や、物を落とした音が微かに聞こえるが、気になら無い程度の音レベルになります。

写真の状況は、フローリングを張り付けている状況になります。今回使用したフローリングの一枚あたりのサイズは145×910mmになります。接着方法はボンドを下地に全面に塗り圧着させます。その際基本固定をする為の釘は使用しませんが、取り付きが悪いところや段差が出てしまう所には仮釘で押さえます。

写真の白い物はフローリングの取り合いに挟んでいる紙(スペサー)になります。マンション用フローリングや無垢のフローリングは湿気による膨張や防音マットの浮き沈みによる伸び縮みがある為に1mm程度隙間を空けて施工します。

完成致しました。大工工事は1日で完了しましたが、翌日スペサーと仮釘の撤去を行いましたので、〜10畳程の工事ですと1.5日間掛かります。

通常マンションでのリフォーム工事の際は、管理組合等に工事届けの事前申請が必要になります。一般的に工事開始の1月前から2週間位の前に行う必要が有ります。代理申請は弊社でも行えますのでお気軽にご相談ください。

住まいる工務店は、お住まいに関するお悩み事や、ご相談ごとの有る方を全力でサポートさせて頂いております。リフォーム・リノベーションなどご関心のある方は、先ずは私までお気軽にご相談下さい。

ブログの記事に関するご質問やリフォームに関するご相談、お問合せ、資料請求はコチラからお気軽にどうぞ!


株式会社住まいる工務店
住所 : 栃木県宇都宮市今泉町3020-91
電話 : 028-683-7077
担当 : 上野 和洋