住まいる工務店「お客さまの声」:在来浴室~ユニットバスへ

現状築年数も少し経っております。木造住宅のお客様宅で、お住いになられているお客様が足を負傷され浴室の段差や湯舟への出入りが不便な為段差解消や湯舟への出入りが楽になるようユニットバスへ交換工事を中心に行わせて頂きました。

施工概要

施工場所宇都宮市下川俣町H様邸
工事概要在来浴室からユニットバスへ 
工事期間2週間程度
概算費用約200万円(税込)


現状の段差状態になります。今回はこちらの段差解消をもとに宇都宮市の住宅改修補助金制度を活用し補助金申請を行った後に工事の方開始させていただきました。


在来タイル張り浴室の方解体いたしましたら土台部等の腐食があり、今回ユニッバスの組立を行う前に土間コンクリート打設と腐食木部の交換及び修繕を行わせて頂きました。

今回のように在来のタイル張り浴室ですと湿気や水が周り土台や柱などが腐食されている状態はよくあります。修繕するにあたりまして
も解体後にしか修繕出来ないので解体される際には、ご確認の方を是非ともお願いいたします。


また今回は寒さ対策といたしまして天井部へ換気乾燥暖房機の取付と既存サッシのガラスを単板~ペアガラスへの交換を行うことで少しでも寒い季節に対応させていただきました。


浴室の入口ドアにつきましてもスムーズに浴室内へ入れるように片引き戸を採用することで出入りが楽になりました。