住まいる工務店「お客さまの声」:和室を改装~洋室事務所へ

今回のお客様は宇都宮市内の一般住宅を事務所として使用されております法人のお客様で今回の依頼内容と致しましては、和室部を洋室事務所への改装工事がご希望でした。

施工概要

施工場所宇都宮市鶴田町
工事概要和室改装工事
工事期間14日間
概算費用約105万円(税込)

最初に現場調査を行わせて頂きましたが和室としての要素がしっかりとあった作りで床の間や障子で仕切られた広縁があり腰窓の下には引違い戸の収納が作られており、見た目からも見事な和室でした。

今回見積りを行わせて頂くにあたりお打ち合わせをさせて頂きましたがご要望としては机を並べた事務所スペースを作成したい、そしてサッシ部分は防音と断熱を兼ねた内窓の取付依頼がありました。まず初めにスペースを確保する為の床面積拡張の為障子で仕切られておりました広縁部分まで床を広げる事と腰窓下の収納部を解体・撤去を行いそちらのスペースも床面積に加える事で事務所としてのスペースを確保をご提案させて頂きました。そして事務所として使用するにあたり書類を置くスペースがなかった為、既存の床の間スペースの壁面を強化しして可動棚の設置も同時にご提案いたしました。最終的には上記プランで工事の方をさせて頂く事になりました。

 

見事な和室の状態でした。今どきの家にはないスペースで少しもったいない気持ちになりました。

 

解体後天井の高さをそろえる為に天井は下地から組直しを行いました。また床に関しても高さをそろえる為にフローリングの下地となるコンパネ張りをおこないました。そして壁面に付きましては既存の柱を隠して洋間としてクロスを張るのに石膏ボード張りを行わせて頂きました。また電気工事といたしまして既存のコンセントとスイッチは交換をいたしました。

 

 

 

既存サッシ部掃き出しサッシ部と腰窓部へは新規化粧枠材を取り付け後ペアガラス仕様の内窓を取り付けさせて頂きました。また最初は戸襖の片引き戸の入口を作成品にて床フローリング材の色に合わせて建具の取り付けを行いました。そして床の間部だった所には新たに
可動式のOPEN棚の取付をおこないました。